DMM FX スプレッド

DMM FX

スペックは他を圧倒!
デイトレならココを抑えて下さい

FX初心者の方でコスト重視の方は、このDMM FXをまず抑えてもらって間違いありません。

というのも、デイトレ派、スキャル派に重要なスプレッドが業界最高水準となっており、なんとスプレッドはドル/円が0.4銭原則固定という業界最安値をつけています。

昨今のFX業界は顧客獲得競争が激化している中、他の業者との比較対象になる強みを持たなければでは埋没してしまうのは必至。 ならば、本業(DVDレンタル等)で稼いだ資金でここに勝負をうってきているのではないでしょうか?本気さを感じます。

またスワップ取引をお考えの方にもこのDMM FXがおすすめです人気業者のスワップ一覧はこちらのサイト)。 スワップポイント自体はまずまずの値なのですが、通常、同一通貨ペアの売りと買いを比較して、ユーザーが支払うスワップポイントの方が多いというケースがほとんどで、 最悪の場合、売りも買いも投資家がスワップポイントを支払うというケースがほとんどです。

ただ、このDMM FXは原則売値と買値が一緒なんです。 これって初心者の方はまだピンとこないかもしれませんが、スワップ取引においてはものすごく大きいです。これをスワップの1本値といいますが、 くりっく365も同じシステムです。


DMM FXの特徴




スプレッドは極狭!まさに業界最高水準!

DMM FXの最大の特徴は、その業界最高水準のスプレッドの狭さです。スプレッドはこちら。米ドル/円が0.4銭固定、ユーロ/円が0.8銭固定となっています。

スプレッドというものは要はFX業者がに支払う第二の手数料のようなものです。ここではそのスプレッドが狭いのと広いのとでは、どれだけコストに違いが出てくるか具体的に数値でご説明したいと思います。

● 例えば、ドル円で、1万通貨の取引を10回した場合…、

業者A(スプレッド2銭):
10,000×0.02×10回=2,000円のスプレッド費用

DMM FX(スプレッド0.4銭):
10,000×0.004×10回=400円のスプレッド費用

単純計算ですが、たった10回の取引で1,600円もの経費の差が出たことになります。

例えば、1日10回の取引で週4日、1年間の取引を行うと、

1,600円×4日×52週=332,800円

「DMM FX」とドル円スプレッド2銭の業者では、332,800円の差額となります。 ※これは単純計算によるもので、DMM FXのスプレッドの拡がり等は等は考慮してません。


無駄なコストを省く = FXで勝利する近道


口座開設時のFX業者選びの材料はスプレッドだけではありませんが、その重要性もご理解頂けたと思います。

>>>DMM FXの公式サイトで他のスプレッドもチェックしてみる

2011年度月間取引高世界第3位に!

このほかにもDMMでは、全取引通貨20通貨ペアのスプレッドも業界最狭水準となっており、FXプレミアニュースサイトであるフォレックス・マグネイト「2011年第3四半期調査報告書」によると、世界のFX市場上位15社の月間売買高(7-9月期平均)における月間取引高が世界第3位となっています。

DMMは2009年に初めてFX業界に参入した後発業者ですが、2012年現在取引口座数も主要取引業者15社中7位*)となっており、年々取引口座数も増加しています。

(*矢野経済研究所調べ 有力FX企業15社の月間データランキング-2012年6月-

スワップ金利に差が無い1本値

DMM FXを利用しようとされている方は、デイトレやスキャルピングなどの短期トレード目的の方が多いと思います。一方、このDMM FXではスワップ金利で稼ぐ中長期トレードを行う方にとっても隠れたメリットがあるんです。

それはDMM FXのスワップは売りポジションでも買いポジションでも金利に差が無い1本値である、ということ。

一般的にスワップで儲ける、ということは、超低金利である日本円に対して、金利の高い豪ドルなどを持つことによって、二国間の通貨間で発生する金利の差額で利益を出そう、ということです

2012年8月現在のDMM FXの豪ドル/円のスワップポイントは買いポジションで70円、売りポジションで-70円となっています。一方Aという業者では買いポジションで79円、売りポジションで-89円となっています。これは両建てでポジションを持った場合、一日ごとに金利の差額10円を支払わなければいけません。

このように金利差による支払いが生じることを考えると、スワップ初心者の方にとってはスワップポイントはそう高くはありませんが、まずDMM FXでスワップ取引を始めるのも悪くないでしょう。

使いやすく高性能な取引ツールが充実

DMM FXの取引ツールはPCツール、モバイルツールともに初心者から上級者まで、使いやすくカスタマイズ可能な様々なツールが容易されています。

◆PC用ツール
SIMPLE TRADE:インストール不要のWEBブラウザツール。シンプルなレイアウトで動作環境も軽く、スムーズなお取引が出来ます。
PRO TRADE:ワンランク上の高機能ツール。必要情報が1画面にリアルタイムで表示され、レイアウトもカスタマイズ可能。現在のご自身の口座状況を確認しつつ、あらゆる注文パターンに対応します。
AIR版:Adobe Airを使用したデスクトップ独立型FX取引ツールです。成功注文に特化しており、よりシンプルで直感的なお取引が可能です。


◆プレミアチャート
トレンド系、オシレーター系合わせて22種類のテクニカルツールを搭載しており、その他カラー・パラメーターも自由にカスタマイズ可能。

◆そのほか、スマートフォンや携帯電話対応のモバイルツールも充実

●iPhone版 ●Android版 ●iPad版
●iアプリ版 ●モバイル版

全国約370の金融機関からクイック入金可能

DMMでは、原則24時間いつでもウェブ上から金融機関口座資金を取引口座へと入金することが出来るクイック入金に対応しています

しかも取引対応銀行も年銀・ゆうちょ銀行・ネット銀行・地方銀行・ろうきん・信金など370にも上ります。これは全FX業者の中でもトップクラスの取り扱い数で、地方銀行などにも全て対応してくれているのも嬉しいですよね。しかも入金手数料はDMMが負担してくれます。

DMM FXのスプレッド

米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZドル/円
0.4銭 固 0.8銭 固 1.3銭 固 1.2銭 固 1.8銭 固

DMM FXの取引条件

通貨ペア レバレッジ 信託保全 初回入金
12種類 25倍 あり 5万円
成行 指値 逆指値 IFD
OCO IFO 2WAY 両建て

DMM FXの会社案内

会社名 株式会社DMM.com証券
住所 東京都中央区日本橋人形町3-6-7 人形町共同ビル
資本金 37億5万円
設立 2006年 12月
上場区分 非上場