24時間取引可能:サラリーマン・OLでも帰宅後から取引可能

FX(外国為替市場)には、基本的に取引所と言うのは存在しません。 世界中の銀行による外国為替取引を行うためのネットーワークのことをインターバンクと呼び、 電話やインターネットを通じて24時間、世界のどこかで取引が行われています。

FXもこのインターバンクのレートをもとに、FX業者がユーザーにレートを提示し、 取引を行います。そのため24時間いつもで好きなときに取引を行うことができます。

例えば、株取引の場合は原則9時〜15時の間しか空いていません(一部の証券会社でPTS市場を利用し夜間取引が行えますが、 売買高が少ないので約定しにくいというデメリットがあります)。

会社勤めのサラリーマン・OLの方の場合、会社で取引なんてするわけにもいきませんよね。 しかも、皆さんが帰宅される夜の時間帯は、ロンドンやニューヨークの参加者がともに取引を行う、1日のうちで最も取引が活発な時間帯です。


→→ 24時間電話サポートがあるおすすめのFX業者は・・・

→→ 次の記事:「株式市場をはるかに凌ぐ流動性」

FXの魅力とは

これからFXを始める方に人気のFX業者ランキング