レバレッジ:少ない資金でも高額取引ができる

FX(外国為替証拠金取引)の魅力と言えば、まずココにつきるのではないでしょうか?

FXの場合、預入れたお金を証拠金と言う形で担保として利用し、もとの資金より何倍もの取引を行えます。

この預入れた資金と実際の取引額の比率のことを「レバレッジ」と言います。レバレッジとはもともとテコの原理こと意味しますが、FXでは「レバレッジを利かせて・・・」などのように表現されます。

ただ、ココで気をつけておきたいのが、レバレッジを利かせることで大きな利益を意味出すことが可能な反面、大きな損失ができることも、もちろんあります。

2010年8月からの「レバレッジ規制」により国内のFX業者は一律で50倍のレバレッジに規制をされていますが、 最初はというか、資金に余裕があったとしても、10倍までを目安に取引を行うようにしましょう。


→→ FXの初心者におすすめの業者は・・・

→→ 次の記事:「働いていても帰宅後から取引可能」

FXの魅力とは

これからFXを始める方に人気のFX業者ランキング