FX 利確

利確はターゲット価格とタイミング

相場の読みが当たり、トレードが思惑どおりに進んでいるときは、徐々に増えてゆく含み益の数字にウキウキ、ワクワクしたりするもんです。

でも、この含み益は、決済するまでは、ただの数字です。決済してはじめて実際の利益、つまり実現益となります。 決済することを利益確定(りかく)と言います。

「含み益がでたら、利確する」

一見、当たり前で簡単なようですが、実際はいざとなると躊躇してしまいがちです。ここでリカクすれば、利益がでる、と頭では分かっていても「もっと上がるかも」と思ったり、 逆に「上がっているけど、すぐに下がるのでは」と心配になったり。人の心理は、簡単に割り切って決断できるほど合理的ではないのです。

含み損を抱えているときも同様です。「これ以上損を大きくしたくないから、すぐに決済しなければ」と頭では分かっていても、 すぐに戻るだろうと期待してしまい、損切りのタイミングを後回しにしてしまったりします。

このような迷いの結果「もっと利益が伸ばせたのに早まった」「もっと早く損切りすれば・・・」と後悔するようなことも・・・ そこで、トレードを開始する際には、相場のトレンドを見て、 『この価格になったら決済する』というターゲット金額を決めておくことをおすすめします。

ポイントとしては、損切りとのバランスを考えて、少なくとも損切りまでの幅より、 利確までの幅が大きくなるように設定することです。負けたくない一心で、こまめに利確ばかりしていると、 1回あたりの利益が小さくなってしまい、結果的に資金が減ってゆく、なんてことも実際にはあり得るのです。

そのためにも、ターゲット価格を決めたら、途中で変更しないことが大切です。明確な変動要素がない限りは、 グッとこらえて、ターゲット価格に達するのを待ってみる。そして、ターゲット価格間近まで我慢できたら「もっと利益を伸ばせないか」と考えてみましょう。

ただし、考えすぎてタイミングを逸してしまっては、本末転倒ですから、注意してくださいね。できるだけ利益を確保しながら、リスクヘッジも考える。 でも、原則は、最初に決めた損切りポイントは愚直に守りつつ、利益はできるだけ伸ばすことを考えることです。

→→ 次の記事:「OCO注文を活用する」


利益確定
含み益を抱えたポジションを決済すること。「利確(りかく)」、「利食い(りぐい)」とも呼ばれる。

実現益
ポジションを決済して得られた利益。その反対に、決済していないポジションの利益のことは「含み益」「評価益」と呼ばれる。


これからFXに取り組む方の心構え

これからFXを始める方に人気のFX業者ランキング