FX 損切り

損切りの習慣を身につける

FXに取り組む方は誰しれもが通る道。 いや、これが徹底できばければFXで勝利することは不可能といっていいでしょう。 それが「損切り」です。

FXで損失を出している方のたいていの言い分が、

「含み損が出ていても、決済しなければ損失が確定するわけでもないし、気長に待ってりゃ上るでしょ」

みたいなことを言われる方ほんと多いです。勿論、結果、戻ることもありますよ。でも、それは所詮、結果論。 問題は戻らなかった時の損失が、カバーしきれるものかどうかです。致命的なダメージだった場合、取り返しのつかないケースにもなりかねません。

そうならないためにも、新たに取引を始めるときは、売りであっても買いであっても「ここまで来たら決済する」という損切りのラインを決めておくべきです。 損切りさえきちんと行えば、例え勝率が悪くてもトータルの損益をプラスにすることも可能です。

よく「1勝9敗でもFXなら勝てる」 なんて話しがありますが、この前提には損切りを機械的にきちんと行い、 「損を小さく、勝ちを大きく」をしているからこそなせる業なんです。

→→ 次の記事:「利確はターゲット価格とタイミング」


損切り
含み損を抱えたポジションを自らで決済して、損失を確定させること。別名、「ストップロス」「ストップ」と表現することもあります。

強制決済
抱えているポジションで含み損が大きくなり、そのままいくと預けた証拠金以上の損失が出てしまう可能性がある場合、 事前に決められたレートで自動的に損切りを行う注文。別名、「自動ロスカット」「マージンカット」とも言う。


これからFXに取り組む方の心構え

これからFXを始める方に人気のFX業者ランキング